美しく輝く頑丈なフロア

床

料金や耐用年数

多くの人がフロアの保護のために、ワックス剤を塗っています。しかしワックス剤は、ロウソクの原料として知られるロウで作られています。ロウは柔らかく、なおかつ熱と水に弱い素材です。したがって床に塗っても、衝撃を与えたり熱湯をこぼしたりすることで、くぼんだり剥がれたりすることがあります。そのことから昨今では、フロアの保護にアクリルワックスを選択する人が増えています。アクリルは樹脂の一種で、硬い上に美しい光沢があるため、イミテーションジュエリーにも使われている素材です。したがってアクリルワックスを施すことで、フロアは頑丈になる上に、美しく輝くようになります。そのため美しいフロアを長持ちさせることを希望する人から、アクリルワックスは注目されているのです。ただし、美しく仕上げるためには、業者に施工を依頼する必要があります。とはいえ料金は、1平米あたり千円ほどなので、10畳間での施行を依頼した場合でも、5千円程度の支払いで済みます。耐用年数は1〜2年なので、定期的に塗り直しを依頼することになりますが、それによりフロアの張り替えの必要性は生じにくくなります。張り替えには、10畳間の場合で20万円ほどの費用がかかるので、それと比較するとアクリルワックスは安いと言えます。またアクリルワックスには、ウレタンを混ぜ込むことも可能となっています。ウレタンには水をはじく性質があるので、これを塗れば、フロアはよりしっかりと保護されるようになります。料金は1平米あたり2千円ほどになりますが、その分耐用年数も約5年と長めになります。